• HIROMI OSHINAGAKI

筆耕~過去帳(1)~

お寺のご住職から、過去帳の筆耕依頼をいただきました。


後世に引き継がれる大切な過去帳の1ページ目に、筆を入れさせていただきました。


毎日のように大雨が長く続き、湿度が高い影響で、紙はしなしなになり、墨は薄くなり、滲みます。筆を洗えば、なかなか乾きません😖毛筆が、これほどまでに天候に左右されるものかと、初めて知りました。なかなか作業が進まない状況に、苛立ちさえ覚え、一瞬の晴れ間を利用して、書かせていただきました。今夜からまた、1週間は雨の予報です☔


♦7.7cm✖1.6cm

♦一発勝負


お位牌につづき、これまで書いたことのない小さい文字のサイズに、今回もまた大きな挑戦です😌法名は、恐らく最高文字数の6文字。元々小さい文字を書くことを苦手としている私にとって、本当によい経験をさせていただいていることに、ただただ有難く、感謝いたします。一発勝負という緊張感は、まだまだ抜けません💦


もちろん故人とお会いしたことはありませんが、様々な気持ちが交錯します。私情を挟んではいけないのかもしれませんが、自分の年齢よりもお若いご年齢でお亡くなりになっており、とても心苦しく、胸が痛みました。まだまだ、やりたいことがたくさんおありだったかと思うと、無念でなりません。心よりご冥福をお祈りいたします。


私が書かせていただいた文字が、私がこの世に存在しなくなった後も存在し続けることに、感謝と喜びの気持ちでいっぱいです。


貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました🙏

お品書きは、こちらからご覧下さい。

料理の写真は、インスタグラムをご覧下さい。フォローもよろしくお願いいたします🙇






80回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示